【雫シリーズ】 西隆行 雫 小湯呑

価格: ¥4,000 (税込 ¥4,320)
[ポイント還元 129ポイント~]
メーカー: 西隆行
型番: NTY004
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter



西隆行さんの雫シリーズ


とろーりとろりと今にも滴り落ちそうな雫のようなモチーフ。

西隆行 雫 青磁釉 緑釉

本来は陶磁器の表面に薄くかかっているガラス質(釉薬)を数ミリグラム単位で自家調合をして生み出しました。

垂れずに固まってしまったり、落ちすぎて窯の中の棚板に接着してしまい商品にならなかったり・・・

何度も何度もテストを繰り返しながら、完成したのがこの雫シリーズです。

西隆行 雫 青磁釉 緑釉

サイズ 径8.8cm×h4.5cm 内容量は約100ccで、来客時のお茶や、ちょびっと大きめのぐい呑みにも♪

釉薬がかかっていない白磁の部分は有田焼と同じ天草陶石を1300度の高温で焼き〆ていますので、吸水性もなく、汚れもほとんど付きません。

西隆行 雫 青磁釉 緑釉

ひとつとして同じ垂れ方にならない、一期一会の綺麗なカップです。

松本クラフトフェアや当店での個展などでも大人気だった西さんの器。

この機会にぜひご利用下さいませ!

商品説明

西隆行さんの雫シリーズ とろーりとろりと今にも滴り落ちそうな雫のようなモチーフ。  本来は陶磁器の表面に薄くかかっているガラス質(釉薬)を数ミリグラム単位で自家調合をして生み出しました。 垂れずに固まってしまったり、落ちすぎて窯の中の棚板に接着してしまい商品にならなかったり・・・ 何度も何度もテストを繰り返しながら、完成したのがこの雫シリーズです。 サイズ 径7cm×h10cm 内容量は約100ccで、来客時のお茶や、ちょびっと大きめのぐい呑みにも♪ 釉薬がかかっていない白磁の部分は有田焼と同じ天草陶石を1300度の高温で焼き〆ていますので、吸水性もなく、汚れもほとんど付きません。 ひとつとして同じ垂れ方にならない、一期一会の綺麗なカップです。 松本クラフトフェアや当店での個展などでも大人気だった西さんの器。 この機会にぜひご利用下さいませ!

商品仕様

製品名: 【雫シリーズ】 西隆行 雫 小湯呑
型番: NTY004
メーカー: 西隆行
外寸法: 幅88mm × 奥行88mm × 高さ45mm

【雫シリーズ】 西隆行 雫 小湯呑

価格: ¥4,000 (税込 ¥4,320)
[ポイント還元 129ポイント~]
メーカー: 西隆行
型番: NTY004
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

・作家による手作りの作品のため、同じ器でも釉薬のかかり具合や歪み等がございますことをご了承ください。
・磁器と違い陶器(土モノ)の作品には、貫入、泥ヒビ、鉄粉、ピンホール、色ムラ等がございます。これらはうつわ用語で「けしき」と呼び、作家作品ならではの魅力のひとつとしてご紹介しております。
・複数のご注文の場合、なるべく統一感のあるもので揃えたいとは思いますが、在庫状況によってぴったりと同じ大きさ、同じ色合いで揃えることはできませんことをご了承ください。
・ご利用のブラウザーやモニターによってほんの少し実際の色と異なることがあることもあらかじめご了承ください。





こちらも一緒に売れてます

うつわ屋ゆらり堂公式instgram


うつわ屋ゆらり堂公式facebook

会員登録のおすすめ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業案内
  • 今日
  • 定休日
  • 松尾真哉 作陶展

※11月の展示会※

松尾真哉 作陶展

「酒楽酒酒酒」

しゅらしゅしゅしゅ


11/10(金)~11/18(土)

昨年大好評だった松尾真哉さんの個展が今年もやってまいります。
とにもかくにもお酒が大好き松尾さん。今年は特に、酒器関連の器をたくさんご用意しております!もちろん、お料理が映える器も揃ってます♪
酒に交わらば 酒 楽 酒 酒 酒

楽しく美味しくお酒の時間を楽しめる作陶展、ぜひお越し下さいませ!

107-0052
東京都港区赤坂1-3-5 1F 陶右衛門赤坂店内にて運営しております。
03-3586-4745
電話では「はいトウエモンです」と出ますのでご了承下さいませ。
ご注文は24時間・365日受け付けております!

人気ランキング

【有田焼 宮内庁御用達】 皇室御用窯元 辻常陸 白磁菊割三ツ足銘々皿揃 【5枚組】

¥25,000(税込 ¥27,000)

宮内庁御用達 辻常陸

金本卓也 大和織部 平鉢

¥2,500(税込 ¥2,700)

金本卓也 大和織部

見野大介 片口 蒼天釉(濃淡) 白夜 桃花鳥釉

¥3,600(税込 ¥3,888) ~

見野大介

ページトップへ