ご案内コンテンツ

有田焼、波佐見焼の原材料。天草陶石を見に行ってきました!

天草陶石見学

うつわ屋ゆらり堂オトナの社会見学第1弾。
天草陶石の採石場へ見学に行ってきました!


有田焼や波佐見焼などの磁器。
その原材料は石です。
陶石と呼ばれる、器作りに欠かせない石は天草半島から採掘されております。

とある有田の窯元さんが天草陶石を紹介していたのが印象に残っておりました。
うつわ屋を始めて今年で5年目・・・。
せっかくなら原点を知ろうと思い立ち、採石会社へ連絡をしたのでありました。(一般の方は立ち入りが禁止されてますのでご注意下さい)

ダイナマイトでボッカンボッカン岩山を削っている(いわゆる発破)ところはさすがに危険なので、削り取った石を選り分けているところへお邪魔しました。

天草陶石見学

粉砕したあとの大量の石を水洗いし、手作業で陶石と岩石の選別をされてます。


天草陶石見学

陶石の中でも、1等級から5等級まで分かれていて鉄分の含有量が少ないものが上位になります。


天草陶石見学

陶芸の用途以外にも電線や電柱で絶縁器具として使われる碍子や、建築物の外壁に使われるタイルなど、工業製品としても大活躍の天草陶石なのであります。

天草陶石見学

あらかた粉砕した陶石で鉄分が少ない石を2等級とし、この後手作業でさらに削り取ったものを1等級として分けています。

これらの陶石を陶土屋さんが粉末にし水簸などを経て粘土状にし作り手の元へ届くのであります。

4等級以下の鉄分の含有量が著しい陶石は、薬品処理による脱鉄(いうなれば漂白ですね)をしたあと、瀬戸・美濃などの他産地へ出荷されます。

本来、有田焼は地元有田の泉山という山から陶石を採っておりましたが、近年では採掘量に制限があるらしく極一部の作家さんが使っているくらいで、ほとんどの窯元、作家さんは天草陶石を使用しております。


素材本来の白。

九州の焼物の白さはこうやって成り立っているんですね。


~ ! 番 外 編! ~


天草半島といえば海の幸!

天草陶石見学

美味しい海鮮丼を堪能したり

天草半島と熊本市内の間にある宇土(うと)市。
そこには満潮になると海中に没する道路があるのです!

天草陶石見学

データ:ISO200 F2.8 15s
今度はしっかり三脚とRolleiflex 3.5F を持って撮影しに行きたい!

九州には魅力的な場所がまだまだたくさんありそうです!
これからもいろんな社会見学をしてまいりたいと思います!

うつわ屋ゆらり堂公式instgram


うつわ屋ゆらり堂公式facebook

会員登録のおすすめ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業案内
  • 今日
  • 定休日
  • 陶芸家チャカブ木 作品展

※9月の展示会※

陶芸家チャカブ木 作 品 展

9/15(金)~9/23(土)


作家名に「木」が入るチャカブ木さん。


よく間違われますが木工作家ではありません、陶芸家でございます。


お茶とお花を嗜み、読書家である彼女の作る器は、どこか意味深で、どこか優しく、力強いのです。


今回の作品展でチャカブ木さんのお気に入りはポットですが、飴釉を使ったオーバル皿や平鉢など、今までの作品からパワーアップした新作もたくさんご用意いたします。


ぜひぜひご高覧くださいませ

107-0052
東京都港区赤坂1-3-5 1F 陶右衛門赤坂店内にて運営しております。
03-3586-4745
電話では「はいトウエモンです」と出ますのでご了承下さいませ。
ご注文は24時間・365日受け付けております!

人気ランキング

【有田焼 宮内庁御用達】 皇室御用窯元 辻常陸 白磁菊割三ツ足銘々皿揃 【5枚組】

¥25,000(税込 ¥27,000)

宮内庁御用達 辻常陸

金本卓也 大和織部 平鉢

¥2,500(税込 ¥2,700)

金本卓也 大和織部

見野大介 片口 蒼天釉(濃淡) 白夜 桃花鳥釉

¥3,600(税込 ¥3,888) ~

見野大介

ページトップへ