実店舗 陶右衛門 展示会情報

2017年1月 西 隆行 作陶展 「款冬華」

西隆行 作陶展 DM 2017


西 隆行 作陶展 「款冬華」

日時 2017年1月20日(金)~1月28日(土)

作家在店日 20日(金)・21日(土)

場所 陶右衛門 赤坂店 (うつわ屋ゆらり堂実店舗)



2017年、第一弾のイベントは西隆行さんの個展。

昨年6月の個展から半年。
前回人気の雫シリーズをはじめ、
刷毛目や粉引など多数ご用意いたします。

今回も2日間作家さんが在店します。

技術とセンスに益々磨きがかった西さんの作品を見に
お立ち寄り下さいませ。


日時 2017年1月20日(金)~1月28日(土)
時間 平日10:00~20:00 土日10:00~18:00

場所 陶右衛門 赤坂店 (うつわ屋ゆらり堂実店舗)

住所 東京都港区赤坂1丁目3-5アビタシオンビル1F

電話 03-3586-4745

アクセス   地下鉄銀座線・南北線「溜池山王」駅
            地下鉄千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前」駅
9番出口から徒歩4分

くろくも舎 切り絵展 「冬虫花草」

くろくも舎 DM


くろくも舎     「冬虫花草」

2016年12月16日(金)~12月24日(土)

作家在廊日 16日(金)



福岡県八女市に構えた「ギャラリエくろくも舎」にて切り絵を製作。日本各地での個展、イベントへの参加、広告他デザインの製作等、さまざまな形で展開中。
"life"をテーマに、切り絵の可能性について模索し、日々の活動を行っています。

陶右衛門にてことし最後の作品展。

グッときてハッと息を呑む、最高の作品をどうぞご覧くださいませ。


会期  2016年12月16日(金)~12月24日(土) 会期中無休

営業時間   10時~20時  土日祝10時~19時 
       最終日は17時までとなります

場所  陶右衛門 赤坂店

住所  〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-5 アビタシオンビル1F 

交通  地下鉄 千代田線・丸の内線「国会議事堂前駅」
    地下鉄 銀座線・南北線  「溜池山王駅」9番出口 徒歩約4分

電話  03-3586-4745

  • 2016.12.01
  • 12:47

松尾真哉 陶と磁の器

松尾真哉 展示会



松尾 真哉     陶と磁の器

2016年11月18日(金)~11月26日(土)

作家在廊日 18日(金)、19日(土)



長崎県大村。多良山系の山深い場所に工房を構え作陶活動されている六音窯の松尾真哉さん。

中里隆先生のアメリカでの作品制作にアシスタントとしても呼ばれるなど、技術と人柄の良さは折り紙つき!

李朝の器に惚れ込み、長年陶芸と向き合ううちに、
自分の中のリズムを器に溶け込ませることが出来たそう。

「頭の中の円グラフには食べることと飲むことが半分を占めています。
家族には言えませんけど(笑)」

そんなお茶目な松尾さんは、食べる、飲む、に向いた器を数多く作っております。

東京での個展は初開催となります。ぜひぜひお立ち寄り下さいませ。




時期  2016年11月18日(金)~11月26日(土) 会期中無休

営業時間   10時~20時  土日祝10時~19時 
       最終日は17時までとなります

場所  陶右衛門 赤坂店

住所  〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-5 アビタシオンビル1F 

交通  地下鉄 千代田線・丸の内線「国会議事堂前駅」
    地下鉄 銀座線・南北線  「溜池山王駅」9番出口 徒歩約4分

電話  03-3586-4745

  • 2016.11.22
  • 12:07

見野大介 作陶展

見野大介 作陶展


見野大介 作陶展 


奈良から優しい器がやってきます。

陶芸教室を運営し、作陶の魅力を多くの人に伝える活動をしながら京都高島屋などで個展を開催するなど、関西圏で精力的に作品を発表されている見野大介さん。
どこかホッとするデザインを卓越した技術で魅力的な器に昇華させるのが作品の特徴です。

東京での個展はうつわ屋ゆらり堂の実店舗、陶右衛門が初。

初日21日(金)・22日(土)は、見野さん本人も在店されます。

どうぞこの機会に奈良からの新しい風に触れてみてください。


時期 2016年10月21日(金)~10月29日(土) 会期中無休
場所 陶右衛門 赤坂店
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-5 アビタシオンビル1F 交通 地下鉄 千代田線・丸の内線「国会議事堂前駅」      地下鉄 銀座線・南北線  「溜池山王駅」9番出口 徒歩約4分
電話 03-3586-4745

伝統の和ろうそく 高澤蝋燭

和ろうそく 高澤蝋燭 陶右衛門

石川県七尾市。  

創業100年を超える老舗「高澤ろうそく」さんによる 伝統 和ろうそく の展示会を開催いたします。 

はるか昔から日本の夜を灯してきた蝋燭。

一般的な蝋燭は石油を原料としたものですが日本では石油は取れないため、植物油から精製された蝋を使って生産されていました。

煙も臭いも少なく、心にも身体にも優しい和ろうそく。
高澤ろうそくさんでは 米ぬか油 櫨の実油 ヤシ油 菜の花油 など、様々な植物油を使ったろうそくをひとつひとつ丁寧に製作しております。

そして年に1度しか採取できない 漆のろうそく も今回特別に販売(数量限定)いたします。

最近では仏事だけでなく、ヨガの合間の瞑想時間に使ったり 半身浴をしながらお風呂場で小さなろうそくを灯したりと リラックス効果をもたらしてくれる和蝋燭に注目が集まっております。
電気を使いすぎる現代社会、ひと晩だけ電気を使わないキャンドルナイトなどの ロハスなイベントにも使える和ろうそく。
ぜひご覧くださいませ

時期 2016年5月23日(月)~5月28日(土) 会期中無休
場所 陶右衛門 赤坂店
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-5 アビタシオンビル1F 交通 地下鉄 千代田線・丸の内線「国会議事堂前駅」      地下鉄 銀座線・南北線  「溜池山王駅」9番出口 徒歩約4分
電話 03-3586-4745

木地師たちの自信と誇り 【山中漆器】ぬりもの静寛 作品展 【加賀・山中】

山中漆器 ぬりもの静寛 陶右衛門

400年ほど前の安土桃山時代。 

諸国山林伐採許可状を持った木地師(木製品加工のプロ)の集団が加賀山中温泉近くの集落へ移住しました。 

当時は一般食器であった木製の器造りを担い、京・大坂をはじめ各地へ供給しておりました。 若狭・越前・輪島・・・ 北陸日本海側の漆器の産地にも漆器のベースである木地を供給していたところ山中でも自然と漆を塗る工程が増えていき 「山中漆器」 として産業が興るようになったのです。

木地造りから漆塗りまで。 最初から最後までの工程を石川県山中で行う「山中漆器」

天然木、縦木取りを行った昔ながらの漆器をはじめ 山中木地師たちの特技である「薄挽き」を応用したナイスなランプシェードまで現代のライフスタイルに自然と溶け込むグッドなアイテムを多数ご用意いたします。

ご興味、ご関心をお持ちのお客様、ぜひぜひご来店くださいませ!


時期 2016年4月18日(月)~4月23日(土) 最終日は18時まで

場所 陶右衛門 赤坂店

住所 〒107-0052 東京都港区1-3-5 アビタシオンビル1F

交通 千代田線・丸の内線 「国会議事堂前」
    銀座線・南北線「溜池山王」 9番出口徒歩約3分 

電話 03-3586-4745

Studio MOFUSA 人・暮らし・染物 展 陶右衛門


Studio MOFUSA 人・暮らし・染物 展 が始まります。


山梨で制作活動をされているStudio MOFUSA(スタジオモフサ)さんによる染物作品の展示会を開催いたします。

~ 自然 じねん ~

仏教用語で「あるがまま」「そのまま」という意味です。
お店でモフサさんの暖簾をぼーっと眺めていたらこの言葉が思い浮かびました。

天候や染料の調子に合わせたり、化学の全てを否定するようなこともせず
その時その時の直感を「自然じねん」に任せて色にし、形にしている印象です。

そんな軽やかで柔軟なモフサさんの姿勢をおすそ分けしてもらいたくなり
この度、陶右衛門赤坂店で展示会を開くことになりました。

部屋の間仕切り、タペストリー、ランチョンマットなど、インテリアに合う
グッドな染物、この機会にぜひご覧ください。

初日の18日(金)は作家さん在店日です。
作り手さんのお話を聞ける貴重な機会となっておりますのでぜひぜひ。



時期 2016年3月18日(金)~3月26日(土) 会期中無休
場所 陶右衛門 赤坂店
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-5 アビタシオンビル1F
交通 地下鉄 千代田線・丸の内線「国会議事堂前駅」 
    地下鉄 銀座線・南北線  「溜池山王駅」9番出口 徒歩約4分
電話 03-3586-4745

辻常陸展のご案内

宮内庁御用達 有田焼 皇室御用窯元 十五代辻常陸


うつわ屋ゆらり堂 陶右衛門移転後の企画第一弾はこちら!

ゆらり堂ではおなじみの
宮内庁御用達 有田焼 皇室御用窯元 十五代 辻 常陸 作品展
を開催いたします!

ゆらり堂の既存のアイテムの他、陶右衛門で用意している究極の器たちを一挙に公開しますので、この機会にぜひぜひ足をお運び下さいませ♪


住所 〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目3-5
電話 03-3586-4745
時間 平日10:00~20:00 土日10:00~19:00
会期中無休


有田焼 宮内庁御用達窯元 辻常陸 作陶展 【うつわ屋ゆらり堂】

2013年12月12日~17日に、宮内庁御用達窯元 辻常陸 作陶展を開催いたしました。

有田焼の中でも、質、価値、歴史などに於いて最高位に位置するといわれる辻常陸。

量産化を是とせず、技術継承に重点を置き細々と作品を制作しております。

期間前と期間中に辻家の作品について店主のブログにてお伝えしておりました。

バックナンバーを掲載いたしますので、ご興味のある方はどうぞご覧下さいませ。

うつわ屋ゆらり堂公式instgram


うつわ屋ゆらり堂公式facebook

会員登録のおすすめ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業案内
  • 今日
  • 定休日
  • 金本卓也 作陶展

※8月の展示会※

金 本 卓 也 作 陶 展

「 大 和 織 部 初 秋 室 礼 」


陶右衛門では初となる奈良在住の金本卓也さんによる個展。
金本さんの作る少し独特な織部は関西圏において高い評価を受けております。

粗めにざっくりと削った陶肌。

その凹凸に溜まる緑釉。


緑の濃淡により現れる表面の模様はまるで水墨画のよう。
豪快さと丁寧の心地よい融合。


ぜひぜひご高覧くださいませ。

107-0052
東京都港区赤坂1-3-5 1F 陶右衛門赤坂店内にて運営しております。
03-3586-4745
電話では「はいトウエモンです」と出ますのでご了承下さいませ。
ご注文は24時間・365日受け付けております!

人気ランキング

【有田焼 宮内庁御用達】 皇室御用窯元 辻常陸 白磁菊割三ツ足銘々皿揃 【5枚組】

¥25,000(税込 ¥27,000)

宮内庁御用達 辻常陸

金本卓也 大和織部 平鉢

¥2,500(税込 ¥2,700)

金本卓也 大和織部

見野大介 片口 蒼天釉(濃淡) 白夜 桃花鳥釉

¥3,600(税込 ¥3,888) ~

見野大介

ページトップへ