ご案内コンテンツ

白山陶器について


白山陶器取り扱い商品



白 山 陶 器 の 歴 史

 白山陶器の創業は、なんと200年(!)以上も昔の1779年。
有田の西方、波佐見(現在は長崎県波佐見町)にて連綿と器づくりを受け継いできた伝統ある会社なのです。
 戦後、1951年に有限会社 白山製陶所を設立。1958年には白山陶器株式会社が設立され今日に至ります。



白 山 陶 器 の コ ン セ プ ト

 白山陶器の真っ先に上げられるコンセプトは「暮らしの器」
 デザインだけでなく実用性も重視した器作りにウェイトを置き、日々、作品制作を続けております。
 華美でなく、流行に流されない、でも新しい。この飽きの来ない造形美こそが本来の美であると社長は語ります。
 白山陶器の器はグッドデザイン賞・ロングライフデザイン賞などを数多く受賞しております。




白 山 陶 器 と 森 正 洋 の 出 会 い

 日本を代表するプロダクトデザイナー森正洋は隣町の有田出身。地元に根付く器への愛着が彼の原点であります。

 多摩美術大学を卒業後、1956年に白山陶器デザイン室に入社。約20年近く、白山陶器の器のデザインを担当し1978年白山陶器退社後も、2005年に亡くなるまで白山陶器の顧問デザイナーを勤めておりました。

 G型しょうゆさしや、平茶わんなど、数々の名作を産み出し、デザイン開発だけでなく、釉薬・染料の開発、設備の見直しなど技術開発にも力を発揮し、現在の白山陶器を築きあげてきたといっても過言ではありません。





白 山 陶 器 の こ れ か ら


 現在、白山陶器は森正洋デザインのロングライフ賞作品の商品をはじめ、その遺志を受け継ぐ若手デザイナーたちの商品に対する評価も非常に高くなってきております。

 波佐見焼の伝統と誇りを持ち続け、末永く「暮らしの器」のコンセプトにこだわり、白山陶器は今日も、優れた商品を世に送り出していくのです。




白山陶器取り扱い商品


うつわ屋ゆらり堂公式instgram


うつわ屋ゆらり堂公式facebook

会員登録のおすすめ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業案内
  • 今日
  • 定休日
  • 見野大介 作陶展

※10月の展示会※

見野大介 作陶展

「秋夜蒼々輝天星」

10/13(金)~10/21(土)

秋ノ夜、蒼々トシ天星ヲ輝カス。

奈良の若旦那、見野大介さんによる個展を今年も陶右衛門で開催いたします!!

個展や企画展など精力的に活動されて忙しいさなかでも、見野さんは少しずつ新作を生み出し続けています。

その姿はまるで、ラジオやテレビのレギュラー番組を数多く持ち、お茶の間の人気者として大ブレイクして忙しいにも関わらず、創作落語(古典ではなく新作)を毎回高座で発表し続けた桂文枝師匠のよう。オヨヨ。

そんな努力家で、ひたむきな見野さんが作る器にぜひ会いに来て下さい!


107-0052
東京都港区赤坂1-3-5 1F 陶右衛門赤坂店内にて運営しております。
03-3586-4745
電話では「はいトウエモンです」と出ますのでご了承下さいませ。
ご注文は24時間・365日受け付けております!

人気ランキング

【有田焼 宮内庁御用達】 皇室御用窯元 辻常陸 白磁菊割三ツ足銘々皿揃 【5枚組】

¥25,000(税込 ¥27,000)

宮内庁御用達 辻常陸

金本卓也 大和織部 平鉢

¥2,500(税込 ¥2,700)

金本卓也 大和織部

見野大介 片口 蒼天釉(濃淡) 白夜 桃花鳥釉

¥3,600(税込 ¥3,888) ~

見野大介

ページトップへ