スマホは下記へ♪
うつわ屋ゆらり堂スマホ専用ページ
うつわ屋ゆらり堂
【横石臥牛】  臥牛窯 白鷺文縁波銘々皿揃 (5枚セット)  【現川焼】
「幻の現川焼」を復活させた臥牛窯

・・・・現川焼とは・・・・

 江戸時代、京の茶陶の世界では、仁清と並ぶ名器として現川焼が高い評価を受けておりました。
 九州の赤土を使い、磁器のような薄手に仕上げ、刷毛目による白化粧の繊細な模様が画期的でありました。
 佐賀藩諫早領。佐賀藩主鍋島家の御親類同格(親戚)扱いとして自治をしていた諫早氏。
 その諫早領内で産業奨励のため窯を開かせたのが現川焼の始まり。
 しかし財政難により50年ほどしか生産されなかったため、流通量が少なく作品のすばらしさと相まって貴重な器として当時の茶人たちの間で人気でありました。

・・・・現川焼を復活した臥牛窯・・・・

 諫早の隣、大村藩にて開窯した350年以上の歴史を持つ名窯です。
 幻とされていた現川焼の陶片や文献などで研究や、3代にわたって技術の再現を試み、遂には現川焼の完全再現に至ります。
 化粧土の施し方や絵付けの技法など、高度な技術力の再現を評価され、長崎県無形文化財にも指定されております。
 かしこまった贈答品にも申し分ない魅力的な器、いかがでしょうか?

横石臥牛 現川焼 白鷺
漣の浅瀬に1羽、白鷺が。

横石臥牛 現川焼 白鷺
臥牛窯の描く白鷺は眼の入り方が素敵。これほど繊細に描けるのは素晴らしい技術です。

横石臥牛 現川焼 白鷺
裏もしっかりと刷毛目による連続模様。

横石臥牛 現川焼 白鷺
少し縁高ですので、汁気のあるおかずの取皿としてもお使いいただけます。

横石臥牛 現川焼 白鷺
臥牛窯の銘が入った高台の中も刷毛目が。こだわりが感じられます。


送料無料

価格:50,000円(税込 54,000円)
[ポイント還元 1,620ポイント〜]

購入数:
在庫:1箱
返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
友達にメールですすめる
twitter

[8]↑先頭へ戻る