スマホは下記へ♪
うつわ屋ゆらり堂スマホ専用ページ
うつわ屋ゆらり堂
【おてしょ皿】 染錦山水 折り紙型手塩皿 【有田焼】
※ ※ ※ おてしょ皿とは・・・ ※ ※ ※

帝の御膳や宮中の御膳に、塩や香の物を添える目的で使われていた小皿。
室町期には貴族や武家を中心に使われ始めました。
手塩皿の呼び名が長じて「てしょ」。味見などに使うので料理人さんも良く使う愛称です。
古伊万里・柴田夫妻コレクションの中から、江戸時代に有田で作られていたおてしょ皿の型を復刻しました。
現代のライフスタイルに於いてはプチデザートの小皿やスプーン・フォークレスト、はたまたアクセサリーを入れるトレーなど、楽しくお使い頂けます。

実用、またはコレクションにいかがでしょうか?

価格:1,700円(税込 1,836円)
[ポイント還元 55ポイント〜]

購入数:
在庫:5枚
返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
友達にメールですすめる
twitter

[8]↑先頭へ戻る