スマホは下記へ♪
うつわ屋ゆらり堂スマホ専用ページ
うつわ屋ゆらり堂
【有田焼 宮内庁御用達】 皇室御用窯元 辻常陸 白磁小鉢揃 【5客組】
送料無料

白い宝石
その昔、有田焼の白磁のことをヨーロッパではこう評しておりました。
当時も今も、皇室にお納めする為に高品質の原材料や高い技術を惜しみなく使い究極の「白」を作り出す辻家の白磁。
渕錆を施すことによって上からの視点にメリハリをつけています。
染付にしろ、赤絵にしろ金蘭手にしろ、最高級の有田焼を作るにあたり、基本の き である白磁を最重要視しています。
これだけの品質にも関わらず、5客で1万円・・・。ブランドによる付加価値を上乗せせず、質素に、堅実に製作している辻家の白磁。
一家に1セット。子や孫、その先へ残してあげられる器です。僕も真っ先に買いました。

有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸

適度な深さと程よい厚み。なによりも持ちやすい形状が嬉しいですね。

有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸

実用性も重んじ、重ねてもすっきりフィット&収納ができます。

有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸  

もちろん、箱書きもしっかりありますので、本格的な贈答品にも最適です。


有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸 
価格:10,000円(税込 10,800円)
[ポイント還元 324ポイント〜]

購入数:
在庫:2箱
返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
友達にメールですすめる
宮内庁御用達 辻常陸宮内庁御用達 辻常陸

about Tsuji Hitachi

Arita ware which is the origin of Japanese porcelain.

The history has started in 1616.

Tsuji Hitachi has continued making porcelain as Imperial-Household purveyor kiln in Arita in 350 for the Imperial Household.

From the early stages of the Edo period, Tsuji Hitachi had been continuing making a tableware for [mikado].

As for an Imperial-Household purveyor, Tsuji is the first as porcelain kiln.

Tsuji Hitachi which is making high quality Arita ware with the technology which was cultivated in long history.

All are carefully manufactured over many hours one by one by hand-drawn, without mass-producing.

Although a ban was removed on general sale from 50 years before, since there is little turn volume, it is observed very much among collectors.

However, the tableware used daily is not necessarily very expensive, and it is making it into the price which is easy to buy it as unexpected.

A store manager recommends you strongly the Arita ware Imperial-Household purveyor kiln "tsuji hitachi."

Please invite the highest Arita ware to your house.

twitter

[8]↑先頭へ戻る