スマホは下記へ♪
うつわ屋ゆらり堂スマホ専用ページ
うつわ屋ゆらり堂
【有田焼 宮内庁御用達】 皇室御用窯元 辻常陸 染錦紗綾形椿文正方皿揃   【5枚組】
価格:30,000円(税込 32,400円)
〓商品説明
送料無料

椿文
椿は古代より悪霊を払う力があるとされ、
常葉樹の中でも特に神聖な木として神事には欠かせない木です。
背景には、爽やかな染付で描かれた「卍」を崩した紋様の紗綾形。
置くだけで清清しい気分になれるお皿です。


有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸

有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
使いやすいサイズで用途はいろいろ。
有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
かわいらしい椿。
有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
重なりもよく収納にも困りません。(木箱付)
有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
「卍」を崩した文様、紗綾形。
有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
お皿の裏には「辻常陸」の銘入り。

有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
宮内庁御用達 辻常陸 宮内庁御用達 辻常陸


about Tsuji Hitachi

Arita ware which is the origin of Japanese porcelain.

The history has started in 1616.

Tsuji Hitachi has continued making porcelain as Imperial-Household purveyor kiln in Arita in 350 for the Imperial Household.

From the early stages of the Edo period, Tsuji Hitachi had been continuing making a tableware for [mikado].

As for an Imperial-Household purveyor, Tsuji is the first as porcelain kiln.

Tsuji Hitachi which is making high quality Arita ware with the technology which was cultivated in long history.

All are carefully manufactured over many hours one by one by hand-drawn, without mass-producing.

Although a ban was removed on general sale from 50 years before, since there is little turn volume, it is observed very much among collectors.

However, the tableware used daily is not necessarily very expensive, and it is making it into the price which is easy to buy it as unexpected.

A store manager recommends you strongly the Arita ware Imperial-Household purveyor kiln "tsuji hitachi."

Please invite the highest Arita ware to your house.

価格:30,000円(税込 32,400円)
[ポイント還元 972ポイント〜]

[売れちゃいました・・・]
入荷連絡を希望する
返品についての詳細はこちら
twitter
みなさんコレも一緒に買ってます!
14代辻常陸染付花瓶
宮内庁御用達 辻常陸
価格:100,000円(税込 108,000円)
売れちゃいました・・・

有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
宮内庁御用達 辻常陸
価格:20,000円(税込 21,600円)
売れちゃいました・・・

有田焼 宮内庁御用達 皇室御用窯元 辻常陸
宮内庁御用達 辻常陸
価格:10,000円(税込 10,800円)
売れちゃいました・・・